小説も最初の見た目で決まる

良く言う『人は見た目が9割』の様に、小説だって先入観なく、初めてあった作品であれば最初が重要なはず。 そこで、今までに読んだことのある小説の冒頭の書き出しのみを集めてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人間の幸福

世の中では、あっちこっちで起こっているらしいのだが、身近では滅多に遭遇できない殺人という事件が、杉の下マンションからほんの目と鼻の先で勃発して五時間がたった

人間の幸福

1995年初刊
宮本輝の代表作の一つで、登場人物の描写が凄い。
この長い一文で大体の話の方向性は分かる冒頭。

スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

宮本輝 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<蒼穹の昴 | ホーム | 龍は眠る>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。