小説も最初の見た目で決まる

良く言う『人は見た目が9割』の様に、小説だって先入観なく、初めてあった作品であれば最初が重要なはず。 そこで、今までに読んだことのある小説の冒頭の書き出しのみを集めてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

R.P.G.

名前:カズミ 10/08 20:15
タイトル:ショック!
成績が下がっちゃいました。


RPG.jpg

2001年初刊
時代にあった作品で、冒頭もタイトルを思わせる入り。
小説自体はそれほどでもないかな。


スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

宮部みゆき | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

エレベーターはきわめて緩慢な速度で上昇をつづけていた

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

1988初刊
個人的には村上春樹作品の最高峰だと思う。
『緩慢な速度』ってところに苛立ちや焦燥が感じられる


テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

村上春樹 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。