小説も最初の見た目で決まる

良く言う『人は見た目が9割』の様に、小説だって先入観なく、初めてあった作品であれば最初が重要なはず。 そこで、今までに読んだことのある小説の冒頭の書き出しのみを集めてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

陰日向に咲く


深夜まで残業をした帰り、会社のある大手町から、自宅のある千葉とは真逆の方向へタクシーで向かった

非常に多才なお笑い芸人、劇団ひとりの作品。
当作品は大ヒットし、みんなの記憶にも残っているはず。
あんなに多忙な中、いつこの作品を書いたのだろう?と勘ぐってしまう
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:小説・文学

劇団ひとり | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。